スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好きです川崎ーその2

未来の川崎は「羽田飛行場の国際化に伴うハブ化」「神奈川口構想」の計画によって、
21世紀最大で最後のプロジェクトが川崎に目白押しで推進され、さらなる発展を遂げると期待している。「ハブ化」の問題は羽田飛行場を自転車の中心のハブのように、日本の飛行場の中心となり、世界や日本のどこへでも直行できるようにするもので、韓国の仁川飛行場が有名で現在、日本は韓国に負けている。日本でもようやく鳩山政権時代に前原大臣が「羽田飛行場のハブ化構想」を発表した。そして22年10月いよいよ羽田の国際線の滑走路が増設されスタートする。

ターミナルビル等空港の施設をつくるには羽田地区には土地が少なく、多摩川の向いの川崎地区はいすゞ自動車の工場跡地など膨大に土地が空いている状況である。そこで松沢県知事は「神奈川口構想」を計画して、川崎側に羽田飛行場の入り口を造ることを決定した。羽田飛行場へのアクセスは海底トンネル又は陸橋が計画されていると商工会議所の視察会で勉強した。現在ANAの機内食のケータリングサービスの工場が建設中である。また海外から世界のVIPが羽田に来て、川崎地区で、日本の最先端の高度医療の治療を受ける施設も建設すると阿部市長から聞いたことがある。真偽はさだかでないけれど、慶応義塾大学の医学部が名乗りをあげているとも漏れ聞いた。近年川崎の北部は新百合ヶ丘地区、溝口地区、中部は武蔵小杉地区、南部は川崎駅前地区が目覚ましい発展を遂げた。

今最後の発展地区は川崎南部のウオーターフロント地区が大発展することは間違いないと考えている。電車は現在京浜急行の大師線が小島新田駅まで来ているので、神奈川口へのアクセスは投資額が少なくて他の私鉄に比べて京浜急行は非常に優位となっている。
これから川崎にはビジネスチャンスがたくさんあるので皆さん川崎に投資して下さい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

増山雅久

Author:増山雅久
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。